パーソナルIR活動が重要な時代

これからの時代は、個人もIR活動が必要です。 IR活動とは、Investor Relationsの略称で、企業が株主や投資家に対し、財務状況など投資判断に必要な情報を提供していく活動全般を指します。 なぜ、IRが必要かというと、そうしなければ、実力や評価、今後の方向性などについて、外部がわかっていただけないからです。 たとえば、「なぜ設備投資したのか?」「なぜ人員削減したのか?」「なぜキャッシュフ […]

メールは「公文書」として扱うべきという意識が浸透。

2018年6月21日付、毎日新聞によると「メールは公文書として扱うべきである」ことが地方では浸透しつつあるとの認識をアンケート結果より導き出しました。 https://mainichi.jp/articles/20180621/ddm/004/010/019000c 一昔前なら、「メールは公文書としては扱わない」との認識が強かったですが、最近は風向きも変わってきています。 まだ都道府県ごと、国との […]

企業がメール集客を怠ってはいけない理由。

近年、LINEやfacebookメッセンジャーなど、便利なコミュニケーションツールが普及しています。 そうすると、中には「メールは終わりなんじゃないの?」「メルマガなんて意味あるの?」などと言われる方が少なからずいます。 しかし、結論から申し上げると、メールを使った集客やコミュニケーションは必須です。 それを証明する興味深いデータがあります。 総務省から出ている平成29年版情報通信白書のものです。 […]

顧客資産こそ最大の資産。

最近、面白い小説を読みました。 『グレイ (堂場瞬一著書・集英社文庫)』です。 話の流れを簡単に要約しますと、うだつの上がらない20歳の大学生が「成功したい」とアルバイトをし、知らず識らずのうちにブラックなビジネスに染まっていくという話です。 若い頃の焦燥感を思い出させてくれるという意味でも面白い本なのですが、特に注目すべきは、本書の最後の方に、資本主義経済社会で「成功」するためのヒントを語る重要 […]

BCCでの一括配信が危険であることを示す事例【まとめ】

これだけテクノロジーが発達している昨今、いまだに「BCC」にて一括メール配信をされている方がいらっしゃいます。 10人未満ぐらいの少数配信ならまだしも、それ以上の場合の一括配信は、大変なリスクが伴います。 例えば、以下の事例が最近ありました。 まさかこんな大きい組織が?と驚くかもしれませんが、事実です。 ●2018年6月17日 【和歌山市、メール送信ミス】 BCCではなくToにしたため366件のメ […]

新Gmailの使える便利機能。

2018年4月25日から新Gmailが使えるようになりました。 仕事柄、「メール周り」の情報には敏感で、早速、使ってみました。ほとんど今までと操作画面上では変わりないようです。 いくつか使える便利機能を紹介します。 情報保護モード 「これは便利」という新機能といえば、『メールに表示期限やコピー制限をつける「情報保護モード」』でしょう。 要するに「有効期限付」で消えるメールを作成配信することができる […]

セルフ「情報発信」がマストな時代。

「とらわれない生き方は自由度が高いため、情報発信する術がないと必要なつながりまで失ってしまいます。組織に属さないノマドは、売り込みや営業をするにしても、いきなり何もないまま成果を上げるのは難しいでしょう。でもセルフメディアで発信を続けていくとブランド力が上がり、やがて売り込まなくてもビジネスの話が来たり、営業しなくてもクライアントを獲得したりすることが可能になります。」 (『ノマドライフ(本田直之 […]

なぜ儲かる企業はメールマーケティングにこだわるのか?

大変興味深いデータを見つけました。 アメリカのDirect Marketing Association(DMA)とDemand Metricによって実施された米国のマーケティング担当者に対する2016年6月の調査によると、電子メールは、ソーシャルメディア、ダイレクトメール、有料検索など、他のマーケティングフォーマットの4倍以上のROI122%を記録したそうです。 Amazonや楽天など、儲かってい […]

「GDPR法」は日本の中小企業経営者も注視すべし。

国内の中小企業経営者の方へ。 『GDPR』をご存知ですか? 2018年5月25日、欧州連合にていよいよ施行されました。 GDPRとは、一般データ保護規則General Data Protection Regulationの略です。 誤解を恐れず簡単にザックリ説明するなら「ハイパー厳しい個人情報保護規制」です。 昨今のフェイスブックなどの個人情報流出事件などに欧州は業を煮やしていたのですが、とうとう […]

セミナービジネスで高収益経営を実現する方法

私がこっそり主催している起業支援団体「イキビジ大学」の6月定例会のテーマが決まりましたので報告いたします。 今回は「セミナー」を自主開催して、高収益経営を実現する方法について、それを実現している株式会社プロモーションウェッジの木村健太さんに講演してもらいます。 1時間ほどの講義の後、作野との対談形式で知識を深掘りしていきます。 正直言うと、「セミナービジネス」はとても強力です。 私自身も起業当時、 […]

1 2 13