会計・節税・税金

1/2ページ

値下げが危険なカラクリ。

NO IMAGE

先日、ある経営者が「値下げ」の相談をしてきました。 しかし、私は「それは危険です。利益がゼロになってしまいますよ。」と助言させていただきました。 どういうことか? 仮に、その企業が10,000円の商品を販売しているとします。 そこから「1,000円値下げしたい!」とします。 10%のプライスダウンですよね。 「なあんだ。10%ぐらいならどうってことないじゃん!たくさん売れて売上が上がるなら万々歳! […]

『家主と地主(全国賃貸住宅新聞社)』2018年5月号に「お金の専門家」としてコラム掲載。

投資家向け雑誌『家主と地主(全国賃貸住宅新聞社)』2018年5月号に「お金の専門家」として確定拠出年金について執筆したコラムが掲載されましたのでご報告いたします。 社長の資産形成や小さな会社向け財務戦略のコンサルティングなどを現役で行っている立場から「確定拠出年金(iDeCo)の活用方法について執筆致しました。 よほどのことがない限り、確定拠出年金やiDeCoはぜひやるべきだと私は結論付けています […]

富を生む魔法の言葉:減価償却

本日もワイキキから投資やビジネスに関する情報をお届けします。 昨日はハワイ不動産投資についての概況をお伝えしました。 今日はそれに補足して、富を生む魔法の言葉「減価償却」についてお伝えします。 私はこの減価償却という言葉が大好きで、いわゆる減価償却フェチでもあります。 顧問税理士にも買い物や投資の都度、減価償却について質問します。 クライアントにも減価償却の重要性については口を酸っぱくしてお伝えし […]

働く人のモチベーションを上げながら税金も安く!使用人兼務役員って制度をご存知ですか?

本日、新会社や新規事業立ち上げのため顧問税理士と打ち合わせをしていました。 際、経営者としての悩みどころは、役員や従業員の「報酬の支払い制度」をどうするか?ということ。 やはり、人間ですから、多少なりとも「成果」に連動する方がモチベーションにつながります。完全に正比例するわけではないですが、成果との連動制は、ある程度の相関関係はあるはずです。   しかしながら、悩みどころは「役員報酬」は […]

平成30年度版『経営者や起業家が知っておくべき税金の知識』〜所得税控除引き下げについて〜

【高額所得者の支払う税金がどんどん多くなってるって知ってました?】 対策を講じておかないとマズイことになります。 平成29年12月に「平成30年度税制改正の大綱」が閣議決定されました。 経営顧問業やってたり、主に社長専門の資産形成サポートをしているので、この税制改正は毎年楽しみに注目しています。 今回、社長や経営者がもっとも注目すべきは「給与所得控除の引き下げ」でしょう(高額所得会社員も要注目)。 […]

なぜ金融機関は「一人会社」がiDecoに入ろうとすると、嫌がるのか?

iDeco(確定拠出年金)は一人会社や小さな会社の社長にとって多くのメリットがあります。復習になりますが、1つ目はお金を出した時に所得税控除の節税メリットがあること、2つ目はその資金の運用益も非課税メリットがあること、3つ目は受け取り時も退職所得控除枠を使って節税になること、さらに付け加えるなら社会保険料も安くなります。 これだけメリットだらけなのですから、加入しない方がもったいないと思うのですが […]

iDeco(確定拠出年金・401k)でオススメの銘柄は「定期預金タイプ」

ここ数年、iDeco(確定拠出年金)を経営者には勧めています。 理由を簡単に言えば、節税しながら資産運用までできてしまうからです。こんなに恵まれた投資商品は他には見当たりません。資産を増やしたいなら、他の投資とか考える前に、真っ先に取り組むべきなのです(仮想通貨投機は論外)。 では、拠出した後、「どの銘柄を買ったらいいでしょうか?」の相談に対し、私は「定期預金タイプを選んでください」とお答えしてい […]

今すぐ投資すべき「節税商品」とは?7項目に分けて考える。

今週は「節税強化」週間。 ということで、前回『最大にして最高の節税は「ガンガンいこうぜ!」である。』、前々回『節税知識は経営者に必須。』に引き続き、節税三部作の最終章となります。  第三部では、具体的な戦術方面へと階層を現実世界に近づけていきます。もっとわかりやすくいえば、「じゃあ一体なにすればいいんだよ!」ということへの解です。では、いったい、どのような「武器」を買うことが、最大の節税になるのか […]

最大にして最高の節税は「ガンガンいこうぜ!」である。

今週は「節税強化週間」。  昨日、『節税知識は経営者には必須。』と記事を書いたところ、早速、いくつかの顧問先や知人から相談がありました。内容としては「中小企業倒産防止共済うちもやったほうがいいですか?」といったものです。ですが、あせらないでください。まずは今日の記事をお読みになってからお決めください。    まっさきに考えておいて欲しいことは、節税には社長のステージによって適切なタイミン […]

節税知識は経営者には必須。

 よく顧問先に相談されることの一つに「節税」があります。ですので、今週はよくある税についての相談に対する回答強化週間にしようと考えています。  では、まず、節税すべきかどうか?についてです。結論から言えば、「すべき」です。ただし、節税ではなく「脱税」は完全NGになりますからお気を付けください。  それと、節税にもレベルがあって、あまりやりすぎるのもよくないですし、やらなさすぎるのもよくありません。 […]