セルフ「情報発信」がマストな時代。

セルフ「情報発信」がマストな時代。

「とらわれない生き方は自由度が高いため、情報発信する術がないと必要なつながりまで失ってしまいます。組織に属さないノマドは、売り込みや営業をするにしても、いきなり何もないまま成果を上げるのは難しいでしょう。でもセルフメディアで発信を続けていくとブランド力が上がり、やがて売り込まなくてもビジネスの話が来たり、営業しなくてもクライアントを獲得したりすることが可能になります。」

(『ノマドライフ(本田直之著書・朝日新聞出版)』p156より引用)

ノマドに限らず個人が自営業者のように活躍するのが当たり前になる昨今、自身で「情報発信」し続けることはマストです。避けては通れません。

特にフリーランスや個人事業主、または小規模企業は当然のごとく、「情報発信」をし続けねばなりません。

「情報発信」をしていかねば、どれだけ素晴らしい仕事をしていても「存在」しないも同じなのです。

ブログやfacebook、twitter、メルマガ、ステップメール、電子書籍、youtubeなどを駆使して「広報活動」をしていくことは、「存在」を確立する上で、個人や小さな会社でも重要な時代です。