ハワイに2年ぶりに訪れたということで、前回の不動産市況との比較などをお伝えします。

まず、ハワイ不動産投資についてですが、我々投資家にとっては大変有利です。

なぜか?

簡単にザックリ説明すると、日本とアメリカで「物件」の評価が異なることです。

日本の中古戸建住宅の「建物部分」は時が経つと供に価値が下がっていきます。

例えば30年も経てば建物価値はほぼゼロ、土地代だけしか値がつきません。

 

ところが、ハワイは違います。建物価値が時と供に上がっていくのです。

この違いは大きいです。

なぜかというと、同じ中古戸建住宅を購入したとしても、建物価値と土地代の割合が変わるからです。

例えば、3000万円の築30年の木造中古戸建住宅を購入したら、ほとんどが土地代になります。

しかしながら、ハワイで木造中古戸建住宅を購入したら、日本とは逆にほとんどが建物代になるのです。

同じ3000万円払うなら一緒じゃないか!

と思われた方は富裕層が知る「富む者がより富む仕組み」を理解していません。

同じ3000万円でも、それを「経費」にできるかどうか?は極めて重要なのです。

 

例えば、土地代は消耗しないので、経費にはできませんが、建物は消耗していくので経費にできるのです。

細かい税制はここでは端折りますが、簡単にいえば、3000万円を「経費」にすることで、「利益」を抑え、支払う「税金」を抑え、なおかつ「資産」をゲットできるわけです。

しかも、その資産は貸し出すことで家賃収入という「キャッシュフロー」も得られ、将来値が上がれば「キャピタルゲイン」のおまけまでついてくるのです。

さらに、コンドミニアムとして貸し出すならば、自分がハワイ旅行に行った時は宿泊費も抑えられます。

 

要するに、節税もできて、キャッシュフローもキャピタルゲインも狙え、自分も楽しめる一石四鳥のお金の使い方なのです。

お金持ちになるためにはこれぐらい考えないと一生かけてもお金持ちにはなれません。

 

ということで、ハワイ不動産はやり方によっては、大変お得な投資なのですが、メリットばかりではありません。

デメリットも当然あります。

前回2016年4月に訪れた時の調査では、中古の戸建住宅もコンドミニアムも歴代最高値を更新中でした。

加えて円安ドル高、1ドル約120円。

この状態で投資しても、円高にふれたら、例え、物件価格が上がっても為替差益で損する可能性があります。

前回は担当者に買い得です!と言われましたが1ドル120円のため見送りました。

案の定、予測通り、そこから円高が進み、現在は106〜107円近辺まで進んでます。

仮に10%円高で計算すると、3000万円で買ってたらすでに売っても2700万円にしかならないということです。

海外投資の場合は為替差益も考えねばならないデメリットがあります。

そのほか、ハワイの銀行融資金利も約5%と、日本に比べて圧倒的に高い点も留意点です。

市況についてはまた次回の投稿でお伝えします。

まずはハワイ不動産投資の概要だけお掴みください。