ここ数年、iDeco(確定拠出年金)を経営者には勧めています。

理由を簡単に言えば、節税しながら資産運用までできてしまうからです。こんなに恵まれた投資商品は他には見当たりません。資産を増やしたいなら、他の投資とか考える前に、真っ先に取り組むべきなのです(仮想通貨投機は論外)。

では、拠出した後、「どの銘柄を買ったらいいでしょうか?」の相談に対し、私は「定期預金タイプを選んでください」とお答えしていました。

なぜなら、経営者は本業で大きなリスクを取っているため、わざわざ資産運用までリスクを取る必要はないからです。特に年金に対しては「最低限のメシ」を蓄えることが目的ですから、無理する必要はないのです。金融機関は「手数料」を稼ぎたいので嫌がるかもしれませんが・・・、その誘いに耐えることが大事です。

そして、ここ数年、特に最近、円高がさらに進み、株安が進行していますね。

つまり、「定期預金タイプ」を選んだ経営者の資産は守られたということです。

追伸:iDeco(確定拠出年金)に入りたい、興味がある社長さんはご一報(→お問い合わせ)いただければ、私の信頼おける担当者を紹介します。「一人会社」「一人社長」は特に金融機関に相手にされにくいので、担当者経由が望ましいです。